きん。部屋TOPに戻る■これも私のキャラクター


 ・新聞の勧誘編

 ・エステ等の勧誘編

 ・職場での自分について

 ・好き嫌いは否めません 

 ・結局は自分の為に





































   
       結 局 は 自 分 の 為 に

  私は、相手の為だけに動く事って、ほとんど有りません。

  理由のヒトツは本来の自分じゃなく、下心・見返り求めて有っての行動って、 

  速攻で相手に見破られてしまうからでも有るのです。

  よく外で耳にする事が、

  「私は○○したのに相手は○○しない」
  「あなたの事を思って○○してあげたのに〜」
とか。
 

  私自身も同じような事を思う時期が有りましたし、
  今でも、たまに(たまにですよっ)感じる事が有ります。

  相手に腹を立てる時って、自分が無理してるのに、
  頑張ってるのに、気づいてくれない、感謝してくれない…


  相手からすると、頼んでもいないのに、
  なぜ怒られるんだろう…と逆に腹立たしく感じる場合も有ります。 


  こんな超が付く生意気な事を書いてる訳ですが、
  私自身も同じ事をしてまして、相手は怒る事なく、

  「無理しなくて良いんだよ。疲れるでしょ?」
  「特別な事をしてくれなくても僕は十分に嬉しいんです。」


  私は、こんな言葉で肩の力が抜けていくのを感じ、この言葉に感謝しました。

  少し、いえ、凄くジコチューな考え方になるのですが、

  「私は人に好かれる為でなく、自分の為に〜」スタイルです。

  そんな事を考えての行動で、相手が喜べば2倍ラッキー!と。

  誰かの目から見て、人を助けてると感じるとしたら、

  それは、その事を通じて自分が何かを得よう、勉強しようとしてるからの事です。 

  と、つまらない事を長々と書いてしまいましたが、

  もし相手の為だけに無理をしてたならば、何らかの形で、反動が起きてしまい、

  その結果、相手を不愉快にしてしまう事も有り得る、

  私自身も、そんな事で悲しい思いをした事が有ったので、

  あえて、コンテンツにさせて頂きました。

 

TOPに戻る